2人の距離を縮める
フラワーギフトの選び方

2020/2/10

Facebook Line Twitter

恋のイベントの代表格といえば、2月14日のバレンタインデーですね!
日本では、女性から男性への愛の告白として、気になる相手や恋人、家族にチョコレートを贈り、また義理チョコやご褒美チョコなども毎年盛り上がりをみせています。
一方海外では、日本とは逆に男性から女性に気持ちを伝えるのが一般的で、バラの花やブーケなど、花を贈ることが多く、バレンタインデーに花は必須のようです。
気になる人との初めてのバレンタインデーなら、自分の気持ちを伝える絶好のチャンス!
今年のバレンタインデーは、花を添えて気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

花を贈るには気負わずさりげなく!

普段、花を買う習慣がない、特に男性だと花屋さんに行く機会がない人も多いと思います。
「花を贈るからには100本のバラ!」と気負わなくても、花一輪でも気楽に贈り合うことからはじめてみてはどうでしょうか。
予期しない花のプレゼントは、きっと印象に残るデートになるでしょう。

出会って間もない相手への花選びは悩むこともあると思いますが、初めての花選びにおススメなのが、ブーケ。ブーケなら相手の好きな色やイメージを思い浮かべたアレンジもできそうです。好きな人も多いピンクの花が中心のブーケは、これからの2人のスタートを優しく盛り立ててくれそうです!

おすすめピンクのブーケ2選

思わず笑顔になりそう 優しいピンクの「ぺシェ」

ハッとするほど華やかなピンクの「ロゼ」

花は気持ちと共に・・・

何度かデートを重ねて相手の好みがわかってきたら、好みの色やファッションなど相手をイメージした花選び、色選びも素敵なプレゼントになりますね。
また、デートで行くレストランのイメージに合わせた花を選ぶのもおススメです。
花のプレゼントは、食後のデザートと一緒に、デートの締めくくりとしてとても華やいだ演出になるでしょう。
気になる相手やシチュエーションを思い浮かべてのプレゼント選びは、恋を発展させるための重要なアプローチになります。まずは相手を思い浮かべ、喜ぶ顔をイメージしてみましょう!
受け取る側も自分のために選んでくれた心のこもったプレゼントに、きっと真心を感じて喜んでくれることでしょう。「親しみをもっています」「これからも宜しく」「楽しい時間をありがとう」
花の力で自分の気持ちを代弁してもらう、花にはそんな気持ちを伝える力があります。

色をポイントにシーンやイメージに合わせて!

具体的に色をポイントにした花選びを紹介していきましょう。
男女問わず笑顔がキュートで元気な相手には、イエローやオレンジの花のブーケが似合うでしょう。ポップなカラーはカジュアルレストランやテラス席ランチに!

クールな印象の相手にはブルーや、パープルの花を取り入れたブーケをおすすめします。
大人のムードのあるシックなお店でさりげなくスマートに手渡したいですね。
甘さを抑えた色は、花を受け取ることに慣れていない方も照れずに喜んでもらえるでしょう!

淡い色のロマンチックな装いが好きな相手なら、パステル系やホワイトのブーケはどうでしょう?
ブーケを手にしたとき「かわいい~!」と声が聞こえてきそう!話題のスイーツのお店にもピッタリ。

ナチュラル嗜好の相手なら、お花の色もスモーキーなナチュラルカラーでまとめたブーケは自然派な相手には喜ばれそうです。温もりを感じるウッド家具のカフェや古民家カフェにもなじみそう。

モードを意識したオシャレな相手なら、個性的な大輪1本で個性を際立たせることも!
スタイリッシュなモダンなレストランにもマッチします。

初めてのバレンタインの人も、そうでない人も、気になる人とのデートや、大切な日には、気持ちを伝えるコミュケーションツールとして花を日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。
いつもと同じデートでも、ワンランクアップすること間違いなし!
きっと2人の距離をぐっと近づける架け橋になってくれることでしょう!
花の力が、2人の新たなスタートのきっかけ作りになりますよう、そして良いご縁に繋がりますように!

ご紹介した花は、こちらで購入できます。
青山フラワーマーケット オンラインショップ:

https://www.aoyamaflowermarket.com/ext/forgift.html

※使用している花材はイメージです。花材は入荷により異なります。

※花一輪は実店舗でお求めが可能です。

※スモーキーカラーは季節によって花材が希少になるため、難しい場合があります。

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会(J-color)

プロフィール

一般社団法人 日本カラーコーディネーター協会(J-color)

色彩教育からビジネスまで役立つ色彩理論に基づいた「色彩活用」と「色の実践」を提案。また、自分らしい見せ方がわかるパーソナルカラー診断や社会で幅広く活用できる色の検定の主催等、国内外を問わず活動している。

過去記事一覧

第1回目 婚活の必須条件!会ってみたい!と思わせるプロフィール写真で使える「色」
第2回目 人と話すのが苦手!いつも緊張してしまう。初デートでもリラックス出来る色って?
第3回目 色で知る!その人の価値観、好きな色、嫌いな色
第4回目 話がはずむリップカラー 王道のモテリップはこれ!