スマートな待ち合わせ方法は?
初デートをクールにこなすための方法

2019/10/28

Facebook Line Twitter

デートの待ち合わせ…、特にオンライン上で知り合った場合の初デートの時は、どこで待ち合わせをすべきか悩ましいものです。駅の改札前?どこか有名な場所?
初デートまで間近という方のために、最新の技術を使った方法をご紹介します。

東京での待ち合わせ場所の定番「ハチ公前」

渋谷へ訪れたことのある人なら、あの混雑具合を想像できるでしょう。渋谷駅近辺で待ち合わせをする場合、認知度としてはピッタリかもしれません。しかし、最近は訪日外国人も増え、人が多すぎてお互いを見つけにくいといったデメリットがあります。

かと言って、お店で直接待ち合わせをするのは、初デートの時はお互いにちょっと身構えてしまいますよね。個人的にはお店にたどり着くまでのちょっとした時間が、初めて出会った相手を知るためのひとつのポイントと思っています。そして、お店ではなく、人混みの中で出会うときのドキドキ感もまたたまらないです。

そんなドキドキ感を失うことなく、お相手をぱっと見つけるのに最適なサービスがこちら。

画像1

英国発スタートアップ「what3words」

イギリスで誕生したこちらのサービスは、住所で位置情報を特定するのではなく、3メートル四方の位置を3つの単語で示し、位置情報を特定するというものです。
忠犬ハチ公像のある場所はこのように、「///ためす・おさらい・すめる」と示されます。

画像2

このURLをコピーして、相手に送ればあなたがどこで待っているか、より具体的な位置情報を知らせることができます。
人混みであっても、3メートル四方の範囲であれば、実際そこまで広いスペースではないので、その場所にさえたどり着けば、お相手をすぐに見つけることができますよね。

人が多く行き交うような場所だと、本当に会えるか不安なこともありますが、これを使えば待ち合わせの楽しみが一つ増えるような感覚になるのは私だけでしょうか。

ちなみにこのサービスを使えば、こんな素敵な場所でも待ち合わせができちゃいます。

画像3

指定された場所へ行ってみたら、とても素敵な夜景スポットだった!なんてロマンチックな体験、女性だったら一度は経験してみたいものです。
初めてのデートだけではなく、2回目以降のデートのサプライズとしても使えそうなこちらのサービス、皆さんもスマートな待ち合わせ方法として、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

what3words https://what3words.com

文/D-AI編集部